【このテーマは壊れています】急に子テーマが消えた時の対処方法

ワードプレスを使用している人であれば、当然のように所持しているのが【テーマ】でしょう。

無料から有料と様々な性質を持ったテンプレートが用意してあり、自分好みのサイトを作っていることでしょう。

 

また、サイトを円滑に運営するためにもテーマの構成は親テーマから編集するのではなく、「子テーマ」から編集していくことも周知の事実かもしれません。

 

そんな中・・・

「このテーマは壊れています」を表記されたり

「あれ、子テーマが消えている」

という事例があったりすることがあるのです。

 

そして「あっ!バックアップ取ってなかったし・・・」という絶望同様な事態に陥る事もあったりします。

ユキチのアイコン画像ユキチ
俺自身が経験してきたからなっ!

 

このように「子テーマ」が急に消えてしまったり、「このテーマは壊れています」と表記されるシチュエーションは、主に「テーマのアップロード中や後」に多いです。

所有するサイトについても常日頃、最新版の仕様をキープしたいと考える人ばかりでしょうから、定期的に最新のバージョンのテーマをアップロードする事でしょう。

大概の落とし穴は簡単に解決できるので、焦らず落ち着いて処理してみましょう。

 

もくじ

子テーマが無くなる状態の多くは最新親テーマをアップした際

 

大体削除していないはずの子テーマが消える原因は、最新版親テーマのアップ時に起こりやすいです。

基本的に子テーマは細かい設定を数多く入力しているテーマなので、そうそう簡単に間違えて消すはずもありません。

誰もが慎重に取り扱っているはずですしね。

 

テーマ削除画面

例えば、ボクの場合は「SANGO」というテーマを使用していますが、最新の親テーマをアップロードする際には、一旦元から設置してある古い親テーマを削除します。(外観→テーマから削除)

テーマ一覧

このように親テーマがなくなった状態になります。(左はアップデート用のテーマ・真ん中と右が子テーマです)

その後に、ダウンロードした最新版親テーマを外観→テーマからアップロードをかけます。

 

すると・・・

 

テーマ一覧

ご覧のように最新版のテーマをアップロードしたら何故か削除していないはずの「子テーマ」が消えてしまいました。

この文面を読んでいるあなたは、同じ現象が起こっているかもしれませんね。

 

「テーマが壊れています」と表記される理由

 

そして、外観→テーマエディターでテーマの選択欄から確認すると「子テーマ」は存在しています。

 

ただし、子テーマを選択して開くと・・・

というように【このテーマは壊れています。親テーマが見つかりません。「sango-theme」の親テーマをインストールしてください。】というような、怖い表記がなされています。

 

簡単に解説すると、この子テーマに関連づけられている親テーマが見つかりませんよ!ということ。

ですので、壊れているわけではなく、見つけられないだけということです。

なので、絶対子テーマを消していないと自信を持っているあなた。安心してください。

 

原因はスタイルシート(style.css)の記述の間違いがほとんど

 

上記でも述べた子テーマが関連づけるべき親テーマを見つけられない理由の多くは、「スタイルシート(style.css)」の記述が原因であることがほとんどです。

 

 

わかりやすく簡単に解説していきます。

外観→テーマエディターから子テーマを選択します。

多くの方は子テーマは一つかもしれません。

 

次にスタイルシート(style.css)を選択。

開いたページの上部のコードに問題があるケースが多いのです。

例を下に挙げます。

スタイルシートのスクリーンショット1

問題となる箇所は「Template」の部分です。

このTemplateの後の記述に誤りがあるケースが多いのです。

 

スタイルシートのスクリーンショット2

他の子テーマで見るとこんな感じです。

 

どう言う事かというと・・・ここのTemplateの意味とは、この子テーマに関連付いている「親テーマの名称」となります。

 

ありがちな過ちとしては、何度も最新版テーマをダウンロードしている影響で、新たなフォルダ名で保存されてしまうと言ったケース。

 

ボクのパターンで言うとTemplate名称が「sango-theme」を記述しているのに対して、実際にあるテーマ名称が「sango-theme-2」というパターンです。

複数回ダウンロードしている影響で、フォルダの名前を変えて保存してしまっていたのです。

 

修正方法は手入力でOK!

 

実際にこの過ちを修正するためには、直接手入力で修正して構いません。

ボクのように「tango-theme-2」である場合には、手入力で「-2」と入力すれば良いのです。

最後に保存するのを忘れずに!簡単ですよね。

 

そして、同ページを更新すれば「このテーマは壊れています」という忌々しい表記は消えているでしょう。

コレで本当に消えていないことが証明されましたね!

参考になった方は是非Twitterなど応援してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

もくじ
閉じる