ネットでコミュニケーションは学べるのか?プロが詳しく解説します

コミュニケーション能力を高めたいと思ったことはありませんか?

世の中はネット社会と言われていますが、ある程度の人間関係は構築していかなければなりません。

人間関係を円滑に運ぶようにするためには「コミュニケーション能力」を高める必要があります。

コミュニケーション能力があるから

  • 人間関係が上手く行く
  • 商品が売れる
  • 人生が豊かになる
  • 不安が起きにくい

と言うことにつながります。

この記事では、なぜコミュニケーション能力が必要なのか?と言う所と、ネットでコロナ禍も続きコミュニケーションがネットでも学ぶことができるのか?について書いていきます。

スポンサーリンク
もくじ

書いている人の紹介

ユキチ
ユキチ

ユキチ。

ネット波動拳のブログを書いていますが、元々はコミュニケーション能力をアップするための講師として一般型対象のオープンセミナーや企業講師としても活躍しています。

コミュニケーションにまつわる投資はこれまで300万円以上。

人間が好きで、コミュニケーションに関連するプロでありたいと考えています。

高いコミュニケーション能力は社会が求めている

日本経済団体連合会(経団連)と言われる組織があります。

これは日本の大手企業を中心に1300社前後の企業が加盟している団体です。

この団体が毎年、新卒者に対して期待し求める能力は何か?というアンケートを取ります。

そのアンケートによると、かれこれ10年以上1位になっている能力が「コミュニケーション能力」なのです。

言うなれば、社会はコミュニケーション能力が高い人材を欲しがっていると言うことになります。

特に学生は就職活動を前に、社会が求めている人間になろうと努力する姿勢は重要になるかもしれません。

ただ明るい、人懐っこいのがコミュニケーションが高いと言うことにはならないので注意です

コミュニケーション能力が高いと仕事ができる

コミュニケーション能力は高いに越したことはありません。

コミュニケーションが高いとどのような良いことがあるでしょう?

  • 相手の言おうとしていることが理解できる
  • 伝えたいことが伝わりやすい
  • 上司部下関係が円滑になる
  • 顧客対応が円滑になる
  • 業者対応が円滑になる
  • 誰かに質問できる

などが一般的に挙げられます。

コミュ障はいつの時代にもいますが、会社の上に立つ人間は一定以上のコミュニケーション能力がなければなりません。

コミュニケーション能力が高ければ、自分自身が得になるような様々なメリットがあるのです。

コミュニケーション能力が高いと病気になりにくい

またコミュニケーション能力が高いと一種の病気になりにくいこともわかっています。

シカゴ大学心理学者ジョン・カシオポは、30年以上にわたる研究の結果「社会的繋がりの欠乏は、ある種の病気と同じ程度に人の健康を破壊する」と話しています。

社会的繋がりとは、コミュニケーションを指します。

言うなれば、人対人のコミュニケーションが上手く行っていない人は病気にもなりやすいと話しているのです。

24,000人の労働者を対象にした調査に寄ると、社会的繋がりが殆どない男女は、確りした社会的絆を持っている男女に比べて重症のうつにかかる割合が2〜3倍も高いとの研究結果も明らかになっています。

人間関係が上手くいかないとうつになってしまう人は自分自身の周りでも見てきたので信憑性は高いですね。

裏を返せば、人間関係が上手く行っている人は病気にもなりにくく人生が豊かになっていくのです。

皆さん想像してみてください、人間関係が上手く行ってるとストレスも溜まりにくいでしょう?

ネットでコミュニケーションが学べるのか?

コミュニケーションは基本的に人対人の意思疎通を指します。

コロナ禍において、実際に面と向かわずしてコミュニケーションが学べるのでしょうか?

正解は学べます。

コミュニケーション能力は、基本や体系を理解するという頭の理解と、それを行動に移して納得する体の理解に分けられます。

双方を前向きに取り組めばコミュニケーション能力は高まっていくものと考えます。

ですので、対面でもネットでも教える人が素晴らしければコミュニケーションについては学ぶことが可能です。

ネットで学ぶメリットは?

実際にネットでコミュニケーションを学ぶとなれば、どんなメリットがあるのでしょうか?

  • 自分のペースでできる
  • 人と実際に接触しない
  • 交通費など諸経費がかからない

といったメリットがあります。

またデメリットもあります。

  • 質問ができない
  • ライブ感がない
  • 対人での実践がスグできない

といったデメリットもあります。

セミナーでコミュニケーションを学べば、実際にワークとして人対人でトレーニングができるのに対し、ネットだとそれができません。

このコロナ禍においては、人が密集しやすいセミナーよりも自分一人で集中できる環境があればその方が良いかもしれません。

ネットでコミュニケーションを学ぶにはコレ!

ネットでコミュニケーションを学ぶのに「伝え方コミュニケーション検定」と言うものがあります。

伝え方に特化したものですが、このコロナ禍においていち早くネットでできるコミュニケーションプログラムを体系化されました。

このプログラムを学ぶことは以下のようなメリットがあります。

  • 講師や生徒さんと合う緊張感がない
  • 交通費など経費がかからない
  • 履歴書に書ける資格を得られる

実際に履歴書に取得した資格名を書けるのは大きなメリットです。

コミュニケーション能力は数値化・可視化できませんが、資格として記載すれば一定以上の評価にはなるでしょう。

また、あなたがコミュニケーションについて学ぼうととしてきた事が形になるので、あなたの向上意欲の証としても効果的に見られるでしょう。

ネットで配信される時間は合計3時間ほどで税込33,000円(合格証込み)となります。

テーマによってコマが区切られており、スマホ・PC・タブレットで1日1日集中して10分位ずつ視聴していくことでも完結できます。

NHK全国ニュース「おはよう日本」でも取り上げられて話題にもなっている学びツールです。

向上意欲を持ってライバルに差をつけよう

コロナ禍においては、割と行動が制限されがちです。

この制限された行動の中でライバルと差をつけるために、このようにネットで資格が取れるコンテンツは一押しです。

今回はコミュニケーションに特化していますが、様々な資格が今後ネットでできる日もそう遠くなさそうですね。

多くの人が行動を起こしていない今だからこそ、あなたが行動を起こせば良い価値になっていくことでしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

もくじ
閉じる