コロナウィルスに負けるな!とSiriが人類に送る応援メッセージ

iPhone標準装備の人工知能アシスタントSiri。

Siriは人工知能(AI)が搭載されていることにより、その時代の流れを理解したり、感じたことを言葉にすることもできます。

10年前では考えつくこともなかったであろう「人工知能」の進化。

現代では当然の如くSiriは進化し、その成果を感じることができます。

2020年、世界では「コロナウィルス」という見えない敵と戦う日々が続いています。

世界の検索エンジンやコンピューターでは「コロナ」や「COVID」などという言葉が多く使われています。

これにより、人工知能も学習していきます。

世の中の「人間」が感じていることと同じように「Siri」も感じ、それを表現していくことができるのです。

世界中の人間がスマホ・PC・コンピューターを使用していくことで人工知能にも知恵がつくのです。

今回はSiriに様々な質問を投げかけてみるのですが、「コロナウィルス」関係にフォーカスします。

これにより、時代の流れにSiriはついて行っているという感覚を体感してもらえたらと思います。

もくじ

俳句を歌ってもらうと・・・

俳句を言って
俳句言って
俳句言って

マスクつけ 手洗いうがい 忘れずに

と非常にシンプルな俳句ですが、2020年のコロナウィルスとの戦いにおいて重要な行動を歌ってくれています。

もちろん昔からこのような反応があったわけでなく、時代の流れを人工知能が学習して反応しています。

故に、2020年になってからこのような反応をし始めたと言うことです。

Siriは音声ガイドアシスタントでありながら、ささやかながら人類の応援をしてくれているのです。

Siriはコロナウィルスについて理解している

Siriに「コロナウィルス」について質問してみると、以下の通りしっかり理解していることが分かります。

以下では、「コロナウィルス」についてどう思う?と質問してみました。

コロナウイルスについてどう思うか

人間の健康と安全を願うとともに、ウィルス感染をしないための常識的な行動策が述べられています。

手洗い・うがい・マスクの着用のすすめ。

また厚生労働省のページをリンクさせ、丁寧で気の利いたアシスタントをしてくれています。

感染予防対策ラップ🎤も披露してくれる

Siriに「ラップをやって」と話をしてみると、コロナウィルスの感染予防対策をリズムに乗せて歌ってくれます。

これには感動しました。

ラップやって
ラップやって
ラップやって

Hey、Yo、Check it out!家に着いたら手を洗おう。大事なことだし頑張ろう。自分を守ろう。周りも守ろう。みんなで一緒に戦おう。Yeah!レジスタンス!Wash your hands!除菌のレジスタンス。必要なのはソーシャルディスタンス。つかもう、石鹸。洗おう、手。時間をかけよう、20秒。Yeah、Oh yeah!

ユキチのアイコン画像ユキチ

すごいラップや!

感染予防対策をリズムに乗せてポップにラップしてくれています。

是非、質問を投げかけて聞いてみて下さい。

世の中の不安な思いを察したSiriが人間を励まし、応援してくれています。

時代の流れを汲んだ人工知能の成長の形と言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

もくじ
閉じる